【ジャズの歴史講座004】ティンパンアレー tin pan alley

このエントリーをはてなブックマークに追加

【ジャズの歴史講座004】ティンパンアレー tin pan alley

1900年代アメリカではポピュラー音楽の普及にリードシート譜面の販売というものがありました
ニューヨークの6番街28丁目にあった通りに多くのリードシート販売店があり、あちこちで模範演奏のピアノがティンパン鳴り響いてたためにティンパンアレーと呼ばれるようになりました。
ガーシュウィンやジェロームカーンはここのピアノひきをやっていて作曲をするようになったのです。
アメリカポピュラー音楽はこうやって広まっていったわけです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)