【音楽講座】ワンパターンにならない演奏のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【音楽講座】ワンパターンにならない演奏のコツ

先日、僕の主催するジャズコミュニティで
ゲストにピアノの椎名豊さん、ベーシストにパット・グリンさんを迎え
ジャズクリニックを開催しました!
 
メルマガ読者の方には、次の日曜に
ダイジェストをご覧いただける様に、ご用意しますね!
 
今日はそのクリニックで、参加者がよかった!と言っていた言葉の
まとめと、僕なりの補足を入れた動画になります。
 
真面目な方ほど、ついついボキャブラリーを増やそうとしてしまいがちですが
本当にいい役者さん、というのはボキャブラリーが多い方でしょうか?
シンプルな言葉を色んな表情で演技できる、のがいい役者さんですよね?
 
というわけで以下のようなトピックでお話ししました!
 
•音符を演奏する前に、音楽にする。
•1の裏のスネアも、無限にある。
•音が浮かばなければ、黙ってればいい。
•会話と一緒で、間違いはない。
•ジャズのカウントは、裏を歌う。

【音楽講座】ワンパターンにならない演奏のコツ」への7件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます。
    昨年は動画をとても楽しく見させて頂きました(^^)
    今年も黒田さんのメルマガと、動画を毎夜の楽しみにさせていただきます。

  2. 明けましておめでとうございます。お話解りやすかったです。裏拍が下手で苦労してます。今日の例え、すーと腑に落ちました。めげずに練習します⤵️

  3. 今年もたのしみにしています。 私は、ASを吹いていますが、どの音を使うかに気をつかってばかりいます。黒田さんのマガジンで大事な事に気付かされる事が多く、これからも期待しております。

  4. 明けましておめでとうございます㊗️
    昨年黒田さんの動画を知り、目から鱗の毎日です‼️
    黒田さんの動画を参考にドラムを練習して、上手くなりたいと思います‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)