64小節ドラムソロ組み立て

ジャズインラブリーでの演奏です

曲は決まってましたが
ピアノから入ってあとは適当という指示でした
ピアノソロにいくかと思ったらドラムソロを振られたので
1コーラス演奏しました
ドラムソロの組み立ての思考を書き出してみました

ボーカル森久子
ピアノ後藤浩二
ベース島田剛
ドラム黒田和良

ラバカンって呼ばれる曲ですね!

 

レイドバック8分音符の練習方法

8分音符が4つ以上つづくと
スネアドラムで跳ねて演奏すると
とてもかっこわるくなってしまいます。
シェイマスブレイク
「ディンガディンガって演奏すると、not cool」
ってセミナーで説明していました

裏拍をあわせたまま
表をレイドバックする
黒田式練習方法です

結構むずかしいです!
頑張ってください!

シンコペーションブックの使い方

8ビート、ベースとドラムの関係

いつもポップスの制作を一緒にしている
ベースの棚橋くんと、ドラムとベースの関係について
YUIさんのCHERRYで対談してみました

ベースがシンコペするとドラムはどう考えるか?とか

全体の音のサウンドに近づくように
原曲のパターンから変える事はよくあるので
その考え方などもお話ししてみました!

すごいジャズドラマー2

僕が学生の頃、先輩がこよなく愛していたドラマーが
Marvin Smitty Smithです
 
バディリッチメモリアルコンサートにもでていて
僕はその時はピンとこなかったのですが
 
昨日のRudy Roystonを聴いてて
こういうビジーなドラムって
どっかできいたなーって思ったら
そういえば、と Marvin を聴きなおしてみました
 
ビジーなドラムっていうのは
細かい音をいれまくる
ドラマーです
 
忙しいって意味ですが、イメージ的には
褒め言葉的表現です。
あと、よくビジースモーキーという表現をします。
スモーキーはかっこいいっていう意味です
 
軽く細かい音をいれつつ
大きなアクセントで歌をつくる感じで
スタイル似ていますよね
 
Rudy の方がしなる感じがして
僕の好みですけど!
 
あなたはどちらが好みですか?_
 

レギュラーグリップのためのドラムセッティング3種

レギュラーグリップの場合
スネアなどをどのようにセットすればいいのか
わかりません
という質問をいただきました
 
レギュラーグリップは
もともと馬に乗って演奏するところから
できた奏法で、ドラムセットには少し無理があるのです
 
どのように工夫するか?という所で
3種類のセッティングをご紹介しました!
 
1。スネアの左を上にあげる
もともとのスタイルに近づく感じ
2。スネアを手前に傾ける
僕がよく使う形で左手を下げて演奏します
3。スネアを向こう側に傾ける
現代的なドラマーが使う攻撃的な雰囲気がでる
セッティングです
 
他にもあるかもですが
多くの人はだいたいこの3つになるのでは?
と思います
 
これいいよ!とかあったら
是非教えてくださいね!
 
 
 

【ドラム叩いてみた】Che.r.ry構成だけ覚えて好きに叩いてみた!

YUIさんの名曲Che.r.ry
古い曲ですが、この曲シンプルなりに
アレンジが綺麗でいいですよね!

フィルとかもシンプルなので
今回色々やりたいように
フィルとかキメをかえて叩いてみました

ポップス的に「あらよっとフレーズ」を
入れてみました
この解説はこちら!

気持ち良い曲です!

(メルマガ読者限定)Che.r.ry構成譜面

Che.r.ry 構成譜

オリバーネルソン

オリバーネルソンといえば!
僕が真っ先に思い浮かぶのは

ストールンモーメンツです!

実際その曲のはいった
「ブルースの真実」
というアルバムで有名になりましたしね!

でも、今回これで調べてみると
なんと多くのアレンジをしてる事でしょう!!
あのアルバムもそうなの?ってのが多かったです

バディリッチのビッグスウィングフェイスなんて
名盤ですよねー!

今週紹介していたアルバム
フィルウッズの[I remember]にはいってるOllieは
オリバーネルソンなんですね!

そりゃあ節点もありますよね!

昔聴いてたアルバムがこんな風に膨らむっていいですよね!

フィルのソロの入りがめちゃくちゃかっこいいですね!

パーカショニスト ウィリーロドリゲス

ウィリーロドリゲスってパーカショニスト
知ってました?
いやー僕は知らなかったです
 
今週のピックアップアルバムで
phil woods [I remember]を調べてたら
Flatjack’s Wille
という曲があって
 
どうも、このパーカショニストの事らしいんです
スペインのパーカッショニストらしく
フィルウッズと接点あったのでしょうかね?
 
ウィリーロドリゲスカルテットの
フラットジャックというアルバム
これが関係あるのかしら??
たしかにグルーヴ感似てますよね!!
 
でもこの曲めちゃくちゃ独特のグルーブしてて
かっこいいですよね!
フィルウッズが珍しくソプラノを吹いてるのも
素晴らしい!

オスカーペティフォード

ベーシストのオスカーペティフォードといえば
Blues in the closet ってブルースが有名です!
 
この曲普通ですけど
音楽理論的にはつかっちゃいけない
アボイドの4ナチュラルをガンガンに使ってる
すごい曲!ってベースの時安くんがいっていて
そういえば!って思いました。
 
さりげなくすごい事をさらっとやってしまうって
天才ですよね!
 
昨日紹介したフィルウッズの「I remembar」
O.P.という曲があります
これはオスカーペティフォードに捧げた曲なんです
なので、ベースがフィーチャーされてますよねー!
 
この譜面がなかったので、演奏を実現できなかったんですけど
僕は大学の時にこのアルバムで
このO.P.って曲が一番好きでした
 
Old Person?
とかその頃は勝手におもってましたけど
オスカーペティフォードの事だったんですねー
だいぶ後で知りました!
 
いい曲ですー!!

吹奏楽 私のお気に入り ドラム演奏してみた

宮川 彬良(みやがわ あきら)さんのアレンジで
サウンドオブミュージックの挿入歌
私のお気に入り の吹奏楽アレンジを
ドラム演奏しました
 
大編成なので、大きな変化に気を配りつつ
小さな音でグルーブ感を出す感じで演奏しました
 
いつもながら、いただいた譜面を
バンドのサウンドに合わせて
変えて演奏しています!
 
サウンドオブミュージックは
以前原型の映画「菩提樹」の考察から
結構つっこんでお話ししましたが
 
子供たちが
雷を怖がるシーンで有名ですよね
 
もともとは違う曲をマリアが弾いていますが
リチャードロジャースがミュージカルのために
書いた曲です。
本当名曲ですよね!