おすすめジャズCD Stan Gets & Bill Evans

おすすめCD ゲッツアンドエバンス

ジャズの歴史を紹介していると
ジャズのジャンルは
黒人がやり始める事が多いんですよ。
 
クールジャズにしてもマイルスが始めているし、、
黒人に特化して説明が行われますが
 
やっぱりジャズの歴史上
白人もジャズの発展には大きく関わってきます
 
今日のアルバムは
ドラムはエルヴィンジョーンズ
ベースはロンカーターとリチャード・デイヴィス
ですから黒人ですけど
 
サックスはスタンゲッツ
ピアノはビルエバンスと白人リーダーアルバムです
 
海外で演奏すると、今はむしろ白人黒人に拘らない人が
多いと思いますが
やはり一時期は敵対していたムードもあったようです
 
このアルバムのナイトアンドデイは
フォービートとラテンが行ったり来たりしますが
まさに先週とりあげていた
フィールはジャズのバウンスしたままで
ラテンを上に乗っけています
 
これが学生の頃なんでこうなるかわかんなかったんですよねー
多分このメンバーは感覚だけでやってるんでしょうけど
天才ですねー、、、、

ナイトアンドデイ ブレイクの時のスイング感がすごい!!

ゲッツアンドエバンス

おすすめCD ブラッドメルドー All the things you are

ブラッドメルドー All the things you are

7拍子で通常の半音上

なぜ7拍子で演奏するか?というと
やはり、オリジナリティが出しやすい!

いままで長い間、4、3、拍子を中心に演奏されてきたので
このあたりは、非常に新しく感じやすい!

でも最近はみんな変拍子だらけなので
僕からすると普通ですが
やっぱりリスナーからすると
めずらしいのやもしれません。

変拍子は音が向かう先がちょっとずれるので
独特の楽しさがありますし
パズル的な要素が非常に増えます!

しかも、このアレンジは半音上

これはブラッドメルドーが12キーで練習していて
一番美しく響くからだそうです!

とはいえ、難しいことに挑戦してる感じは
否めないです

リスナー的には、キーが変わってもあんまりかわらないけど
演奏者はしぬほど大変です!

さらっと演奏してますが、wwww

この演奏のイントロはパーカーの出典ですが
パーカーがラフマニノフの「鐘」をきいて
インスピレーションを得たそうです!

うーんそこら変も天才としか言いようがない、、、


このアルバムはめちゃ聴きました!

The Art of the Trio, Vol. 4- Back at the Vanguard

ラフマニノフの鐘

 

 

【おすすめジャズCD】Uberjam

【おすすめジャズCD】Uberjam

僕は昔からEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)が好きで。
いまでもたまーにクラブにいって
VIP席で飲んだりします。
ちょっとウルサイのがしんどいですけど、、、

一時期EDMでジャングルという
こまかーい動きをするビートが流行りました

小室哲哉さんなんかがよく使っていました。

その後はドラムンベースといわれたり2ステップといわれたり
色々なんですけど、

これ人力でやるのが一時期はやりました

僕のイチオシはアダム・ダイチさんです
いやーかっこいい!
というわけでこのアルバムはこういうサウンド好きな人には
超おすすめです!

これの演奏方法今週また解説します!

Uberjam

【おすすめCD】ナチュラルワンダー/スティービーワンダー

【おすすめCD】ナチュラルワンダー/スティービーワンダー

Ms.’Mr.Little one

1995年のライブアルバムなのですが

このアルバムの中にスタジオで収録されなかった曲が2曲あります。

オープニングのDancing to the rhythmとこのミシズアンドミスターリトルワンです。

この曲は神谷えりちゃんとのライブで何度か演奏した事があります!

歌詞がスティービーにはめずらしく

現代の少年少女に対するメッセージ

こんな、ポルノやドラッグが蔓延している世にしてしまってごめんよ!
人生は一度きりなんだ!
これからの世を良くしていくには君たちと天の力にかかってるんだ!

といったちょっと、意味深いメッセージがあります。
聴いてて少し切なくなる感じで、すごく好きな曲です!

どの曲も僕はスタジオ版よりもこのライブの演奏がすきです!

リボンインザスカイは最後ラテンにして盛り上がったりします!

超おすすめアルバムです!

 

【Ahmad Jamal】このキャラバンかっこええ!

【Ahmad Jamal】このキャラバンかっこええ!

このアルバム買った時
ひゃーなんてかっこいいんだ!!って思いました!

アーマッドジャマルはスペースいっぱいの演奏ってイメージで
こんなアグレシッブなイメージなかったのですが


ライブだとポインシアナもかなり
アグレッシブな事やってますよね!

アーマッドジャマル 以前まとめてました

【ジャズの歴史】アーマッドジャマル

LIVE IN PARIS 

【ジャズCD紹介】Next Step /Kurt Rosenwinkel

【ジャズCD紹介】Next Step /Kurt Rosenwinkel

昔先輩に、ジャズのアルバムは古典的なものと
現代的なものは、どちらもバランスよく聴いた方がいい!
と言われました。
今、確かにそうだなーって思います!
 
なので、古典的なものと現代的なものを交えてやっていこうかなーと。
今日ご紹介するのは、比較的現代的な方になるかと思いますが
2001年ってもう20年も前のものです.
これ本当好きでヘビーローテーションしたアルバムです。
 
1曲目のワルツへのリズムアプローチが
あ!これやっちゃうんだ!って世間を騒がせましたし
また、これはまとめてみます。
 
リーダーである、ギタリストのカートを知ったのは
ポールモチアンのエレクトリックビバップバンドでしたが
バークリー卒業後、ゲイリーバートンのバンド
やっていたんですね、、、サウンド感あいそうですね!
 
TOKU君のアルバムでまだ無名の時にはいってるんですよね。
TOKU君、先見の明があります!
 
古典的なジャズはモダンとはいえ、比較的具体的なサウンドですが
このアルバムは終始ふわふわと幻想的なサウンドです。
 
タイトルのNext Stepという曲はカートがピアノを弾いています。
最初表拍を弾いているのかと思ったら
実はずっとシンコペーションしていた!など
リズム的アプローチが沢山ちりばめられたアルバムです!

The Next Step


【おすすめジャズCD】ブラックホーク Miles Davis

【おすすめジャズCD】ブラックホーク Miles Davis

先週ご紹介したオリンピアのコンサートの翌年に
ロスアンゼルスのブラックホークというジャズクラブでのライブ演奏があり
これのコンプリート版というのがでています
 
この時はオリンピアの時のメンバーと殆ど同じですが
サックスがコルトレーンの代わりにハンクモブレーになっています
 
ジャズ初めたころにアドリブのコンピングなら
これを参考にするといいよ!
といわれよく聴きました!
 
ウィントンケリーとジミーコブの
コンピングのコンビネーションが非常にわかりやすくかっこいいです!
 
ピアノのベニーグリーンがこのライブに行っていたらしく、
あの演奏に鳥肌がたったよ!って一生懸命語ってくれたのを思い出します
 
同じ曲でサウンド感を聴き比べると
違いがわかって面白いかと

All of you ブラックホーク

ジミーコブのツンツン感がかっこいい!

コンプリートアルバムおすすめです!

All of you ラウンドミッドナイト

フィリーの演奏はゆったり

All of you オリンピア

コルトレーンがすごいですね!

all of you マイファニーバレンタイン

黒田トリオ

 

【おすすめジャズCD】ビルエバンストリオ

今月末
電子オルガンとのコラボコンサートを
するのですが

ビルエバンストリオ 第1期

ビルエバンスのアルバム
ワルツフォーデビーから
マイフーリュッシュハートをやります
エバンストリオ
第一期ですね
スコットラファロ ベース
ポールモチアン ドラム
このメンバーでのアルバムが
4枚あって
リバーサイド四部作といいます
これはどれをきいても名盤ですね!

ワルツフォーデビー

サンディアットビレッジバンガード

エクスプロレーションズ

ポートレイトインジャズ

最初の二枚は同日のライブ録音
ワルツフォーデビーの方が分かりやすい曲がおおく
サンディアットはオリジナル曲が多く
玄人受けするアルバムですね
僕はサンディの方がすきです

ピアノトリオの常識を覆した奏法

ピアノトリオは管楽器のバックという
イメージを覆し
ベースやドラム がメロディを担当したり
それぞれの対旋律をつくったりと
ジャズのやり方を革新したバンドです
ゴージャズでエレガントな
ジャズのアルバムといえば
この4枚があがるのではと思います
プロが聴いてもすごい内容だけど
全く素人がきいても
いいなーって思うアルバムですね!