ラテンドラムの基礎

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラテンドラムの基礎

クラーベ

クラーベの歴史と
クラーベの2−3と3−2のお話しをしました!

ずいぶん前にだした動画ですが
今月はコミュニティでラテン月間になってますので
改めて取り上げました!

解説譜面

LATIN01 ラテンドラミングの歴史 解説譜面

ラテンドラムの基礎」への3件のフィードバック

  1. 私はフルート(アマチュア)ですが黒田教室は論理的でそれなりに興味深く聞いております。サックス、フルートと、メロディ楽器ばかりでしたから、リズム楽器には大変興味があります。岐阜にある私の工房にはジャンベ二つ、ボンゴ、スネア、タムタムそして自作鉄製パーカッシヨンがゴロゴロしております。今はビブラホンに興味ありです。 もちろんフルートが中心です。

  2. ちょうど歌いたいリズムがセカンドラインだったことから、ソンクラーベについて考えていました。
    そしてソンクラーベの3:2で歌うのはたやすくイメージできたけれど、出だしからソンクラーベの2:3って歌いにくい。。例えばどんな歌だろう?と必要もなく悩んでいたのですが、モントゥーノで使われると話されていたので悩むのをやめました(笑)
    今の自分に必要な情報が的確にまとめられていて、黒田先生のサイトは大学の図書館か辞書のような知の宝庫ですね。いつも勉強になって感謝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)