ウェイン・ショーター51(最終回) アコースティック・バンド

アナ亡き後、ウェインを支えたのは、キャロライナでした。
そう、アナが連れてきていて同居していた彼女です。

もちろん、道徳的にお互い悩んだ様ですが、まるでアナが受け渡しを準備をしていたかのような事が色々あったようです。

そして、とうとうウェインは再びアコースティックの演奏をまかせるメンバーに出会ったのです。

ピアノ ダニーロ・ペレズ 
ベース ジョン・パティトゥッチ
ドラム ブライアン・ブレイド

みなウェインより30近く若いのですが、すごいバンドです。
現在(2022/12/18現在)のアコースティックジャズバンドの最高峰といっても過言ではないバンドです。

僕は3回ほど生でみていますが、すばらしいにつきます!
フリーのようにみえて、非常にしっかりフォーム上で演奏しています。このバランスがすごく好きです!

いやー51回ってことは半年ちかくやってましたね!
まだ彼の活動は続きますが、たどってみて本当にすごいミュージシャンですよね!
多くの苦悩を乗り越えつつ、すごい活動です。

ジャズミュージシャンみなが尊敬してやまないミュージシャンですよね!

来年からはコルトレーンについてやっていきたいと思います。

 

 

ウェインショーター50 アウンサンスーチー「1+1 」


妻のアナ・マリアと姪のダリラはローマ旅行にいく計画を立てていた。
フライトがキャンセルされたため、アップグレードでファーストクラスの席がとれたと喜びの連絡があった。

ハイライフの演奏は曲が非常に難しいため、バンド内が少しギスギスしていたところ、古い曲を自分なりに演奏するという条件で同意し、よい演奏ができる流れができてきていた。
しかしこのコンサートが最終日になってしまいます。

アナとダリラの乗った飛行機が爆発、搭乗者230名全員が死亡という事件にまきこまれてしまった。
なんという不幸でしょう。

落ち込むウェインだが、8月には日本公演にいかなければいけなかった。
ウェインは行きたくなかったが、アナは演奏を望んでいるだろうと思い、3週間のツアーで来日を果たしています。

1997年にハービー・ハンコックとデュオのアルバム「1+1」を制作しています。
この「アウンサンスーチー」はビルマのノーベル賞受賞した彼女に捧げられている曲です。

この曲を演奏した時、アナがまるでそばにいる様に感じていたとウェインは語っています。
ハービーとの友情はすばらしんでしょうね!

 

 

ウェイン・ショーター49 ハイライフ

マイルスバンドにも参加していたベーシスト:マーカス・ミラーがウェインのバンドに参加します!
このアルバムではプロデューサーとしてクレジットされていますね!

ウェインはこのアルバムの曲をつくるのに、壮大なながーーーい譜面を書いてきます。

ハーモニーも非常にこっていて、構成もものすごく長い物語的で繰り返すタイプの曲ではないのです。

ウェイン「曲のブリッジがまだで、、」
マーカス「ええ、完璧じゃないか、これ以上いじる必要ないよ」

で、次の日には7ページ書き足してきた、、なんてことがザラで
ジャズのスタイルの演奏ではなかなかできない壮大な作品となるわけです。

このアルバムは演奏できないです、、、(⌒-⌒; )
好きなんですけどね