This I dig of you の comping (長いアドリブのcomping)

このエントリーをはてなブックマークに追加

◉名盤[soul station]より

よくセッションでもとりあげられる

This I dig of you のコンピング解説です

こんなイメージでもりあげていきます。

ピアノソロ3コーラスもの間、リム4をやり続けています。

ピアノがもりあがって、受け答えしたくなっても我慢!

そうすることによってサックスに入った瞬間まで場をあたためておくことができて、

サックスのソロが一段あがった所で始まる感じがします。

バンド全体を見てるのが非常に素敵です!

◉聴いてみよう!

このあとのドラムソロの解説はまた別にします。

ソロも非常によくできていますね!

◉サックスソロのコンピング

ダウンロードはこちら!➡︎this I dig of you comping with comment

こんな感じで盛り上げていっています。

空白はレガートだけです。

1コーラス目などは空白がかなり多いですよね。

しゃべりたくても我慢の時間です。

音色などもどんどん変化していってます。

3コーラス目はビッグバンドのバックコーラスの様なフレーズを差し込んでいます。

これが入ると抜けた後にも雰囲気がかわるので、場面展開として素晴らしいですね。

5コーラス目最初に3拍フレーズをやっています。

2表にバスドラムで頷いたら、3拍フレーズがひらめいた!って感じがします。

2表からつながってますよね!

きっと聴こえてきてるだけなんだとおもいます。

◉まとめ

自問自答おおいでしょ?すごく使いやすいコンピングです。

僕が最初に組んだジャズバンドは小沼ようすけ(g)くんのバンドでしたが

そのバンドで練習してる時にいつもいわれたのが、黒田君は手が動くから序盤で色々しゃべりすぎ。

1コーラスはレガートだけの気持ちでやって!っていわれました、

その頃は苦痛でしたが、最近では、レガートをして、ソリストの世界観を楽しむのは凄く好きな時間です。

レガートに集中してると、スイングさせやすいし、相手のフレーズが聴こえてきます。

それを楽しむ!ってのは大事なことかとおもいます。

 

 

 

 

This I dig of you の comping (長いアドリブのcomping)」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。今日はじめて登録させていただきました笹江明彦(FB上はAndy Sasae)と申します。定年退職した63才の男です。
    中学生時代からジャズを聴くのが大好きですが、趣味でジャズドラムを初めて20年くらいになります。ただ基本の理解や練習はほぼゼロのままただ自分の雰囲気だけでやってきました。しかし、3年ほど前から新宿ピットインの月例セッション(毎月第一金曜日の午後)や高田馬場のイントロに通い出してから、自分がいかに何も考えずにやってきたかを思い知らされました。正直自己嫌悪さえ感じているくらいです。しかし、好きで好きでたまらないジャズドラムに残りの人生で打ち込みたい気持ちはますます強くなるばかりでした。 ただ、では実際何をどうやったら基本の力がつくのか、日々の練習はどうやったらよいのかずっと手探り状態でイライラが募るばかりのときに、昨日、たまたま黒田様のユーチューブに出会いました。かなり目からうろこの衝撃でした。これからは黒田さんにすがりながらジャズドラムの基礎をゼロからやっていこうと思っています。 もともと関西(兵庫県)出身ですが、ずっと東京で勤務してきており当面は東京で暮らしますが、このようなメディアを通して黒田先生の教えを学ばせていただきたいと思います。よろしくお願いします。 

    • ありがとうございます!
      僕もジャズのスキルアップに苦労したクチですので
      そんな人のためにもまとめています!

      名古屋で還暦から始めて
      もうセッションホストとかライブバンバンやってる方もみえますよー
      3年がっつり通って
      すごく練習してみえました!

      同じくらいでブルーノートとかも出演するよーにななった方もみえます!

      頑張ってくださいねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)