The All American Drummer 150(Charley Wilcoxon)

このエントリーをはてなブックマークに追加

The All American Drummer 150

アメリカではこの教本は中学、高校生で終えてしまうのですが
日本ではあまり練習されません。
 
しかもテンポ60などで練習していると実際の動きが身につきません。
 
ものによっては90くらいのテンポのものもありますが
マーチングなので基本は100オーバー120が理想です。
 
この速さの動きで練習しましょう!
ドラムの表現力が格段にアップしますよ!
 
名古屋音楽大学の特待生試験の課題のため、作成しました!

基礎1 ベーシック・ストローク

ルーディメントの教本を練習するのに欠かせない
基礎の手順と練習方法をあげました。
 
シングルストローク、ダブルストローク、パラディドルの解説をしています

基礎2 アクセント・ストローク

ルーディメントの教本を練習するのに欠かせない
基礎の手順と練習方法をあげました。
 
フルストローク、タップストローク、ダウンストローク、アップストローク
の解説、演奏の時の使い分け、ドラムへの応用を解説しています。

Solo 1

解説動画

このエチュードを叩けるようにするコツと

ルーディメンツをドラムへの応用の仕方も解説しています。

Solo 2 – 20

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)